手のひらに湿疹が、痛み・かゆみなどの症状で代表的な種類の治療法

手にできる皮膚炎
スポンサーリンク

手のひらに痛み・かゆみ湿疹(しっしん)とは

湿疹とは、皮膚炎と同じ意味で、赤くてかゆみのある発疹を引き起こすさまざまな病気のことを言ます。皮膚が赤くなってブツブツ(丘疹)が出たり、皮がむけたり、水疱ができたりする皮膚の炎症です。かゆみの強いのが特徴で、皮膚がかゆくなり赤く炎症をおこすのは、多くの方が日頃から経験していのではないでしょうか。

湿疹は、さまざまな原因が考えられます。大きく分けて環境や外部刺激によって起きる外的要因と、健康や皮膚の状態などによる内的要因の2つがあります。外的要因が原因となり、内的原因によって悪化するというのが一般的です。

外的要因
花粉・ハウスダスト・細菌・真菌・金属・食べ物・化学物質・薬剤など

内的要因
健康状態・精神的ストレスによる皮膚の免疫力低下、発汗・皮脂の分泌、アレルギーなど
湿疹の治療では、まずかゆみや炎症を抑える外用薬をつけて様子をみるようにします。
一般的に湿疹は、皮膚をかけばかくほどかゆみは増し、病態はさらに悪化して感染症にかかるリスクも高くなるため、とにかく皮膚を掻かないことが大変重要。

日常生活では皮膚の清潔を保つことが大切ですが、石鹸は低刺激性のものを使うようにしましょう。

nori
nori

また、湿疹があるときに大量の汗をかくと、かゆみが増すなど症状の悪化を招くことがあるので、夏などは特に発汗にも注意が必要です。

手にひらにできる湿疹のいろいろ

手にできる湿疹にはいろいろなタイプがあります、それによっては治療法が異なってきますので、適切な治療方法で症状を抑えることにしましょう。

慢性湿疹

▼症状

手の限られた部分がかゆくなり、かゆみが強く、かくことによって赤くなり、それを繰り返すと、皮膚を破ってしまうこともあり、何度も繰り返していると皮膚が分厚くなります。見た目は正常な部分となんら変わりがありませんが、症状が長引く場合があります。

▼治療

治療法としては外用剤と抗ヒスタミン剤(痒み止め)と抗アレルギー剤を使用します。アトピー性皮膚炎や慢性アレルギー性皮膚炎ほどではないが何らかのアレルギーが原因と考えられます。やはり抗アレルギー剤の内服は重要です。ただ比較的短期間で治り再発性が少ないという点では長期間抗アレルギー剤を内服する必要はないでしょう。

異汗性湿疹(汗疱[かんぽう])

▼症状

手の指先や足の裏などに水泡が多数生じます。大きさは粟粒大のことが多いですが、時にそれ以上に大きい皮膚変化となることもあります。
汗疱による皮膚症状は、とてもかゆみが強いことも特徴の一つです。3週間ほどの経過で水泡は破れ表面の皮膚がはがれ落ちますが、赤みやかさぶたが残ります。

正常な皮膚は、外部からの細菌が入り込まないようなバリア機能としての役割を持っています。汗疱ではこのバリア機能が障害されることになり、細菌感染が合併するリスクも伴います。細菌が悪さをすることで、蜂窩織炎をはじめとした皮膚関連の感染症が続発することもあるため注意が必要です。

▼治療

汗疱、異汗性湿疹の一般的な治療は、皮むけや湿疹の患部にステロイド剤を塗布して症状を改善しながら、角質層を整えるためにローションやクリームで保湿をしていく。ステロイド剤などの外用薬は1日1回、寝る前につけるといい。かゆみが強い場合は、抗アレルギー薬が処方されることもある

掌蹠膿疱症(しょうせきのうほうしょう)

▼症状

手掌、特に手のひらの手首に近い部分に紅斑、小水疱、膿疱、鱗屑が見られる病気です。。増悪・寛解を繰り返し、慢性的に経過します。中年の女性によくみられ、男性に比べると2~3倍ほど高く発症するといわれています。

▼治療

ステロイド外用薬やビタミンD3軟膏の外用、抗ヒスタミン薬の内服で治療します。抗生物質が有効なことがあります。重症例では免疫抑制薬を使用することもあります。

手白癬(てはくせん)

▼症状

水虫は足だけにできるとはかぎりません。手にもできます。手掌(しゅしょう)の皮膚が厚くなり鱗屑(りんせつ)がみられます。かゆみはないが、あっても強くないのが特徴です。
仕事で水を長時間使う人に多くみられます。手白癬(てはくせん)があるひとは、足や爪にも白癬があります。

▼治療

手白癬は、基本的にカビの増殖を抑える薬(抗真菌薬)で治療しますが、爪症状の有無と体の部位によって塗り薬と内服薬を使い分けます。

 

nori
nori

ひとくちに手湿疹といっても、手にできる湿疹にはこのほかにもいろいろなタイプがあり、原因や治療法が異なってきます。適切なケアでかなり症状を抑えることができますので、ひどくなる前に皮膚科専門のお医者さんに相談してみましょう。

あなたも手汗の悩みで苦しんでいるんでしょうか?

手汗で悩み以前の私はこんな症状でした。

・季節を問わず、手汗が酷く机などに少し手を置いただけで手形がついてしまうほどでした。

・学生の頃プリントを持っても、持ったところだけ湿ってしまい回した後ろの人がそのせいで破れやすくなっているのではないか?と考えてばっかりでした。

・少しでも緊張すると、すぐに大量の手汗が出てきて紙が濡れて破れたり、汗でシミができたり、ノートやファイルなど掴んだ後に汗の水滴がついていたのを見てすごく恥ずかしかったです。

・どんな時でも片手にハンカチが手放せませんでした。

・手汗の事を話せる友達としか仲良くできませんでした。初対面では、極度の緊張の為、また、汗が・・!と握手をしたりすることを避けていましたね。

・仕事などでマウスやキーボード、スマホを使っているとすぐに手汗をかいてベトベトになった。

・デートの時とかいいムードになっても手をつなぎたいが、手汗がひどいとやっぱり嫌われてしまうのが怖くて・・・できませんでした(泣)



↓↓

手汗で悩んでいるあなたを応援します。私はこれで解消しました!

コメント