手汗を治す方法にミョウバン水を制汗剤として使って見よう!

手汗対策

ミョウバンは知っていますか?、日本では漬物の発色剤や麺のかんすいとして広く使われている食品添加物で、スーパーや薬局では100円程度で売られています。

ミョウバンは、カリウムやアンモニウムなどの金属とアルミニウムなどの金属が硫酸塩の形でむすばれた複合塩の総称です。

白色の結晶や粉末状となっており、味は少々渋く、臭いはありません。これを乾燥させたものは、「焼ミョウバン」と呼ばれます。ミョウバンは食品添加物であるため、肌にも安心して使うことができます。そんなミョウバンには、汗や汗の臭いを抑える効果があるんですね。

古代ローマ人は、制汗剤として日常的に使われていたと言われます。つまりミョウバンは世界最古のデオドラント剤なんです。

ミョウバンには、殺菌・消臭・制汗の3つの効果があり、たんぱく質の性質を変化させることで肌と汗腺を引き締め、古くからミョウバン水をつけることで汗を抑える制汗剤として使われてきました。

ヨーロッパでは、このミョウバンが結晶となった天然塩を「アルム石」と呼んで古くからデオドラント剤として使用していたそうです。

現在は、日本でも天然アルム石に殺菌作用のあるフェノール等の化学物質を配合して自然に近いデオドラント剤として販売されていますよね。

スポンサーリンク

手汗に、なぜこのミョウバンが体臭予防効果があるのでしょうか?

まず、ミョウバンは水に溶けると酸性になるということです。ニオイは皮膚表面の雑菌が汗の成分を分解することで発生します。皮膚が酸性であれば、雑菌の繁殖が抑制され、結果的に臭いが抑えられるのです。制菌作用にとどまらず、より積極的な殺菌作用もあるようです。

アルミニウム塩が汗腺の導管周囲に炎症をおこし、導管を閉塞させるのではないかとか、アルミニウム塩のゼル状のものが導管に入って出口を塞ぐのではないか。または汗腺の導管部の透過性が高まり汗を再吸収してしますのではないか。さらにはミョウバンのたんぱく質変性作用で表皮の角質が角化するからではないか、などさまざまな説がありますが、おそらくその全てが起こって汗を抑えているのでしょう。

そして、皮膚上で作られたニオイそのものを消臭する作用についてです。ミョウバンにはさまざまな金属が含まれていますから酸化還元反応による金属消臭が行われたり、ニオイ成分の中和による消臭も行われます。

特に、酸性の性質があるミョウバンは、アルカリ性のニオイ成分であるアンモニアに対する消臭作用は特異的で、汗くささを抑えるのには非常に有効なんです。

ミョウバンが手汗を抑える作用は?

・制汗作用

ミョウバンには、収斂効果があります。ここでの収斂とは、血管を収縮させる作用を指します。この収斂作用(しゅうれん)により、汗腺が閉じて汗が出にくくなります。
汗を抑える効果として注目されています。

・消臭作用

人には、「アポクリン腺」と「エクリン腺」という2種類の汗腺があります。エクリン腺から出る汗はほとんどが水分であるため、臭いはほとんどありません。これに対し、アポクリン腺から出る汗にはアンモニアやタンパク質、脂質や糖質などが含まれており、それらが常在菌と反応することでイヤな臭いを発しますが、アンモニアに対して優れた消臭効果を発揮します。そのため、汗のイヤな臭いの原因となるアポクリン腺から出る汗の臭いを抑える効果があるのです。

汗や汗のイヤな臭いを抑えるなら、ミョウバン原液を使った制汗対策が是非おすすめです。では、ミョウバンを用いた制汗剤の作り方と使い方はですが・・

手汗にミョウバンを使った制汗剤の作り方

【用意するもの】

・焼ミョウバン……15g
・水……500ml
・容器

ミョウバン水を作る時には、ペットボトルを使いましょう。ペットボトルは保存期間などを考えて500ml使用すると良いでしょう。計量も楽になり、毎回同じ濃度で作る事ができます。必要な材料は、水と焼きミョウバンです。

ミョウバンはスーパーや薬局で100円~400円程度で購入できます。水は、塩素が含まれている水道水を使う事がおすすめです。

ペットボトルに水道水を500mlと焼きミョウバンを15g入れて蓋をし、良く振って混ぜます。作った直後は濁りがありますが、1~2日そのままにしておくと透明になるので、そっとしておけば出来上がりです。

手汗にミョウバン水の使い方

使う時は、原液を10倍程度に薄めて、手のひらに薄く塗り広げます。薄めたミョウバンの原液をティッシュに染み込ませ、それらで手のひらを拭くのも効果的です。タオルやティッシュに染み込ませたものは携帯することも可能なので、外出先で使用することもできます。

100円ショップに売っているスプレー容器などに入れておくと使いやすいですよ。

また、希釈をお茶ですると、お茶の持つ消臭成分カテキンで、さらに消臭力がアップします。

※使用する場所が化膿や炎症を起こしている場合は、使用するのを避けましょう。過敏症状が現れた場合も使用を止めて下さい。肌に赤みやかゆみが出た時には、水で洗い流し使用を中止しましょうね。

なんでもそうですが、いくら安全と言っても体全体にスプレーしたり、顔に吹き付けたりはしないようにしてください。
汗をを抑えるということは、発汗作用を抑制して体温調節に影響することもあります。
また、人によってはかぶれることもありますので、自分の皮膚にあった濃度に薄めて使用することも大切です。

汗を止めたい方にミョウバンは試す価値のある成分のひとつとして効果はあるでしょう。ただし、多汗症レベルの汗に対してはあまり効果は無いようです。その場合は素直に医師に相談するか、制汗剤を利用したほうが効果があります。

あなたも手汗の悩みで苦しんでいるんでしょうか?

手汗で悩み以前の私はこんな症状でした。

・季節を問わず、手汗が酷く机などに少し手を置いただけで手形がついてしまうほどでした。

・学生の頃プリントを持っても、持ったところだけ湿ってしまい回した後ろの人がそのせいで破れやすくなっているのではないか?と考えてばっかりでした。

・少しでも緊張すると、すぐに大量の手汗が出てきて紙が濡れて破れたり、汗でシミができたり、ノートやファイルなど掴んだ後に汗の水滴がついていたのを見てすごく恥ずかしかったです。

・どんな時でも片手にハンカチが手放せませんでした。

・手汗の事を話せる友達としか仲良くできませんでした。初対面では、極度の緊張の為、また、汗が・・!と握手をしたりすることを避けていましたね。

・仕事などでマウスやキーボード、スマホを使っているとすぐに手汗をかいてベトベトになった。

・デートの時とかいいムードになっても手をつなぎたいが、手汗がひどいとやっぱり嫌われてしまうのが怖くて・・・できませんでした(泣)



↓↓

手汗で悩んでいるあなたを応援します。私はこれで解消しました!

コメント