手汗の原因である自律神経のバランス保って手汗を予防しましょう

手汗対策

ひどい手汗の悩みで、過度のストレスや緊張が原因のひとつですが、自律神経といったいどのような関係があるのでしょうか

自律神経には2種類あって、そのうちの一つは手汗を抑える役割もあるんです。自律神経のバランスを保ちながら手汗を予防する方法を調べて見ました。

スポンサーリンク

自律神経がバランスを保つことで健康でいられているんです。

神経とは、体の各部にある組織と脳をつなげるネットワークのことです。

体の中さまざまな指令や情報がこの自律神経をと通して伝達しています。私たち人間の神経は、脳や脊髄にある中枢神経と全身にある末梢神経の2つに大きく分けられ、末梢神経には体性神経と自律神経があります。

末梢神経のうち、体性神経は運動機能などに関わっており、私たちが意識的に手や足を動かそうという伝達によりコントロールできるのが特徴です。対して、自律神経の多くは体内の環境を整え、臓器官の機能に関わっています。私たちの意思とは関係なく独立して働いているので、内臓や血管を私たちの意思で自由に動かす事は出来ないのです。

反対に、意識しなくても呼吸をしたり、食べたものを消化するため胃を動かしたり、体温を維持するため汗をかいたりするのは、自律神経があるからです。

私たちは、この自律神経がバランスを保つことで健康でいられています。発汗や体温調節、呼吸、消化、生殖、代謝機能など生きるために絶対に必要で、非常に重要な機能をこの自律神経が管理しています。

よく知られていますが、自律神経は交感神経と副交感神経とで、シーソーのようにバランスをとりながら働いています。指令や情報は、自律神経の方が体性神経よりもゆっくり伝わります。この2つの自律神経がバランスを保つことで、私たちは健康な生活を送ることができているんですね。

自律神経のバランスが乱れるとどうなる?

自律神経は人間の様々な機能を管理しているので、自律神経のバランスが乱れると体の機能もおかしくなります。

例えば「交感神経」が活発化すると、全身に血液を送るため、心臓がドキドキしてより心拍数は上昇し、血圧も上昇します。発汗も盛んになり、手汗も過剰に出ます。

あなたが悩んでいるのは、このような状況では無いでしょうか!逆に「副交感神経」が活発になるとリラックスした状態になります。

心拍数も血圧も落ち着き、発汗もおさまります。通常はどちらかが活発化したら、もう一方が徐々に活発化してバランスを保とうとします。

手汗が過剰に出て、汗が止まらないのは、「交感神経」が「副交感神経」よりずーっと活発化しているからです。これがいわゆる「自律神経のバランスが乱れている」状態です。

自律神経のバランスが乱れる原因がストレスや緊張です。

ストレスが続く
継続的な緊張が続く
睡眠不足
不規則な生活リズム
急激な体温の変化

ストレスや緊張以外でも、日常生活を過ごす上で色々きをつけなければなりません。睡眠時間が極端に少なかったり、夜更かしをしたり、昼夜逆転している人は要注意です。

意外と気づいていないのは、空調の利いた部屋に出入りすることです。例えば、夏の暑い時期、外を歩いて「暑くて」汗ダラダラのところ、コンビニやオフィスなど空調の利いた「涼しい」ところに入ることを想像してください。

nori
nori

気持ちいいですよね。

でも、体温調節を管理する自律神経は大パニックです!「暑いから汗を出せ出せ~」と交感神経を活発に働かせていたのに、「あ!?!?寒いぞ!汗を止めろーーー!」といきなり副交感神経に切り替えしなければなりません。

こういうのが繰り返されると、自律神経は交感神経の切り替えがうまくできなくなり、どちらかに偏ったままバランスが乱れてしまいます。

自律神経のバランスを保ち、副交感神経を活発にして手汗を予防しよう

心身の疲れがとれない、リラックスする時間が少ないと感じる人は、多少のストレスを受けても健康に過ごせるように、規則正しい生活習慣を身につけることが大切です。
リラックスすると副交感神経が活発化し、発汗作用も落ち着きます。

手汗を出ないよう予防するために、自分なりにリラックスする方法を見つけましょう。。

例えば、好きな音楽を聴いて心を落ち着ける、アロマの香りもリラックス効果があるので、おすすめです。深呼吸をするだけでもリラックスできますよ。

どんなにリラックスしても、仕事や勉強に集中していると手汗が出てしまう…という人は無理してリラックスしようとする必要はありません。 何かに集中しているときは交感神経が活発化するので、手汗を出るのは自然なことです。

どうしても手汗を抑えたい人は手汗用制汗剤がおすすめです。汗腺ブロック成分が浸透して、手汗を徹底的に遮断してくれるます。

このような制汗剤の効果は個人差がありますが、アメリカの臨床実験では90%以上の人が手汗が抑えられたというデータがあります。副作用もなく、比較的安価で利用できるので、手汗治療で試してみるのもいいでしょう。

自分に合った方法で副交感神経を活発にしましょうね。

また、食事や睡眠といった、基本的な生活リズムを整えること大切です。ウオーキングなどの適度な運動でリフレッシュを兼ねた健康づくりも積極的に取り入れるようにしましょう。

あなたも手汗の悩みで苦しんでいるんでしょうか?

手汗で悩み以前の私はこんな症状でした。

・季節を問わず、手汗が酷く机などに少し手を置いただけで手形がついてしまうほどでした。

・学生の頃プリントを持っても、持ったところだけ湿ってしまい回した後ろの人がそのせいで破れやすくなっているのではないか?と考えてばっかりでした。

・少しでも緊張すると、すぐに大量の手汗が出てきて紙が濡れて破れたり、汗でシミができたり、ノートやファイルなど掴んだ後に汗の水滴がついていたのを見てすごく恥ずかしかったです。

・どんな時でも片手にハンカチが手放せませんでした。

・手汗の事を話せる友達としか仲良くできませんでした。初対面では、極度の緊張の為、また、汗が・・!と握手をしたりすることを避けていましたね。

・仕事などでマウスやキーボード、スマホを使っているとすぐに手汗をかいてベトベトになった。

・デートの時とかいいムードになっても手をつなぎたいが、手汗がひどいとやっぱり嫌われてしまうのが怖くて・・・できませんでした(泣)



↓↓

手汗で悩んでいるあなたを応援します。私はこれで解消しました!

コメント