ミョウバン水の副作用は!制汗剤に使用してほんとうに大丈夫?

手汗対策

ミョウバン水には、殺菌・消臭・制汗の3つの効果があります。たんぱく質の性質を変化させることで肌と汗腺を引き締め、古くからミョウバン水をつけることで汗を抑える制汗剤として使われてきました。

一般的に家庭で使う、漬物の調味料などに使っているのを知っている人が多いと思いますが、ミョウバンは水に溶けると酸性になる事から、皮膚を酸性に保つ作用と酸化還元反応を主に消臭効果をもたらします。汗に含まれる皮脂を好物にしている雑菌の繁殖は抑えられますし、酸化還元反応には臭いの成分を中和する働きがあります。

汗を抑える効果として注目したいのは、この収斂(しゅうれん)作用です。これはミョウバンを塗った箇所の汗腺(汗が分泌される腺)を引き締める作用のことです。これにより、汗の量が格段に減るという訳です。
ミョウバンに含まれているアルミニウムが、汗とまじりあう事で水酸化アルミニウムに肌の上で変化し汗を少なくする効果がある事も知られています。

一般的には粉末状にしたミョウバンを塗布したり、水に溶かして酸性の性質を利用する方法もありますが、汗だけを抑えたい方なら粉末状のミョウバンを塗布、臭いも抑えたい方なら水に溶かして塗る方が効果的です。

ミョウバン水は、肌や毛穴を引き締める収斂効果や微量に含まれているアルミニウムが汗とまじりあって水酸化アルミニウムに変化する事により汗の量を少なくする制汗効果がある事は解ったんですが、では、使うことにより安全性・副作用などは大丈夫なのでしょうか・・

スポンサーリンク

ミョウバン水の副作用

ミョウバン水にも副作用と言うものがあるのでしょうか、いくつかこういった副作用があるようです。

・酸性濃度の強すぎ
・腐敗

ミョウバン水を使用した人の中には肌が荒れたという人がいますが、これがミョウバン水の酸性濃度が強すぎるために起こる副作用です。

ミョウバン水の原液なので、使用するときは希釈して使います。肌が弱い人には濃すぎる場合があるんです。

初めて使用する人は通常より薄めに使って肌に様子見ながら使用する事をオススメします。

ミョウバンは水に溶けると酸性になります。原液をそのまま使用するのは絶対に止めてくださいね。酸性濃度が強く肌のダメージになります。

次に、腐敗したミョウバン水を使用したら肌が荒れる原因になります。

ミョウバン水にはしっかりとした保存期間がわかっていません。

水道水の塩素によって腐敗が遅らせれるといわれていますが、その期間も解っていません。

目安として原液の保存期間は、冷蔵庫で2週間が目安、希釈液は冷蔵庫で1週間くらいで使い切るのがいいでしょう。500mlのミョウバン水原液をこまめに作って使用する方が安全です。

また、収斂作用や制汗作用が働いて汗の出口がなくなってしまう、汗をかく事による体温調節機能が出来なくなる副作用、毛穴が塞がれて、かぶれてしまうなどの副作用こういった事が起きる場合があるので、正しい使い方をする注意が必要です。

ミョウバンは、身近な食品の添加剤として使われていますので、比較的安全性の高いもののです。

しかし、ミョウバンにはアルミニウムが含まれており、アルミニウムは大量に摂れば身体に害があるとされていますので、くれぐれも、間違って飲んだりしないようしてくださいね!

使用にあたっては、ミョウバンがアルミ二ウムを含有していることを、認識する必要があるように思いました。そして、アルミニウム自体の毒性についても理解しておいた方がいいでしょう。

ミョウバンの持つ消臭、制汗効果があるために、ミョウバン水を簡単に安く作りましょうというネット上のレシピサイトも多く見かけますが、安く簡単に作れたものは、安易にその毒性をも消費してしまう可能性もあります。

nori
nori

ぜひ「ミョウバン」および「アルミニウム」の特性をよく理解した上で、摂取量はもちろんのこと、過剰な使用についても気をつけていきたいものですね。

ミョウバン水の作り方

 

ミョウバン水を作る時には、ペットボトルを使いましょう。ペットボトルは保存期間などを考えて500ml使用すると良いでしょう。、計量も楽になり、毎回同じ濃度で作る事ができます。必要な材料は、水と焼きミョウバンです。ミョウバンはスーパーや薬局で100円~400円程度で購入できます。水は、塩素が含まれている水道水を使う事がおすすめです。

ペットボトルに水道水を500mlと焼きミョウバンを15g入れて蓋をし、良く振って混ぜます。作った直後は、濁りがありますが、1~2日そのままにしておくと透明になるので、置いておきます。

使う時は、10倍程度に薄めて、100円ショップに売っているスプレー容器などに入れておくと使いやすいですよ。

また、ミョウバン原液はお水で作って、足や脇の消臭に使う用の希釈液を作るときは、希釈をお茶ですると、お茶の持つ消臭成分カテキンで、さらに消臭力がアップします。

肌に赤みやかゆみが出た時には、水で洗い流し、使用を中止しましょう。

あなたも手汗の悩みで苦しんでいるんでしょうか?

手汗で悩み以前の私はこんな症状でした。

・季節を問わず、手汗が酷く机などに少し手を置いただけで手形がついてしまうほどでした。

・学生の頃プリントを持っても、持ったところだけ湿ってしまい回した後ろの人がそのせいで破れやすくなっているのではないか?と考えてばっかりでした。

・少しでも緊張すると、すぐに大量の手汗が出てきて紙が濡れて破れたり、汗でシミができたり、ノートやファイルなど掴んだ後に汗の水滴がついていたのを見てすごく恥ずかしかったです。

・どんな時でも片手にハンカチが手放せませんでした。

・手汗の事を話せる友達としか仲良くできませんでした。初対面では、極度の緊張の為、また、汗が・・!と握手をしたりすることを避けていましたね。

・仕事などでマウスやキーボード、スマホを使っているとすぐに手汗をかいてベトベトになった。

・デートの時とかいいムードになっても手をつなぎたいが、手汗がひどいとやっぱり嫌われてしまうのが怖くて・・・できませんでした(泣)



↓↓

手汗で悩んでいるあなたを応援します。私はこれで解消しました!

コメント