手汗止めに塩化アルミニウム液で手袋使った密封療法が効果あります。

おすすめの手汗解消

手汗がひどく汗止めに効くと言われている塩化アルミニウム液。手汗に悩む人は一度は聞いたことがあると思います。

手汗を止めるのに、効果がある塩化アルミニウム液ですが、いったいどんな液体なのでしょうか?

塩化アルミニウム液は市販の制汗剤の主成分としても使われています。汗腺に作用して発汗を抑える効果があり、一般的に20%以下の濃度で販売されます。

その効果は症状などが続くのが少しの間だけであることで、継続的な使用が必要ですが、高い有効性が報告されていて、日本皮膚科学会が作成した『原発性局所多汗症診療ガイドライン』でも手掌多汗症の治療に使うことが推薦されています。

しかし、塩化アルミニウム液の単純な塗布では、重度な手掌多汗症の場合のは、あまり効果が期待できないようです。但し、多汗症レベルまでいかない症状であれば、手袋使った密封療法がよく効くと言われています。(密封療法は皮膚科医でもまだあまり知られていないのが現状のようです。)

塩化アルミニウム液で手袋使った密封療法をすると、汗が蒸発できませんので、塩化アルミニウム液が手の皮膚内に浸透しやすくなり徐々に汗が少なくなるという効果が期待できます。ある日突然汗が止まったと実感する人も多いようです。

では、塩化アルミニウム液の使用方法を説明します!

スポンサーリンク

手汗止めに塩化アルミニウム液の使用方法は・・

 

それでは、塩化アルミニウム液の正しい使い方について順番に説明していきます。

用意するのは、
・塩化アルミニウム液(濃度20パーセント)
・コットン
・布手袋(純綿100% コットン手袋)
・ゴム手袋(ビニール袋でも可)
・輪ゴム

塩化アルミニウム液は、病院で処方してもらったり、薬局で手に入れることもできますが、楽天・Amazonなどのネットでも販売されていますので簡単手に入ります。

①水で手をよく洗って、十分に乾燥させてください。

②塩化アルミニウム液をコットンにたっぷりと染み込ませます。

③手のひら全体に塩化アルミニウム液を塗る。まんべんなく染み込ませます。トントントンと、叩くように塗ると手のひらに染み込みやすいです。

④ビニール手袋を着用します。

⑤手首の部分に輪ゴムを緩めに巻いて下さい

⑥ビニール手袋の上から綿手袋を着用します。

⑦そのままの状態で就寝しましょう。

⑧朝起きて石鹸を使って完全に塩化アルミニウム液を洗い流します。

塩化アルミニウム液を塗る時間帯は就寝前にやりましょう。塩化アルミニウム液を就寝時に皮膚によく浸透させることで、制汗効果を持続できるようになります。

塩化アルミニウム液を塗った感じですが、特に初めて使うときは、少しピリピリする感じで、ちょっと刺激が強く感じるかもしれませんが、続けて使ううちにピリピリはなくなってきます。

最初は、毎日塗ってください。1週間から10日程度で手汗に効き始めます。継続するようにしましょう。もちろん、副作用が出たなら即刻中止してくださいね。

効果が出始めたら、一度、塩化アルミニウム液の使用は中止して、効き目がなくなるまで待ちます。効果が出始めてから効果がなくなるまでの持続期間を確認することです。

自分の持続期間が分かったら、そのあとは、持続期間ごとに塩化アルミニウム液を手のひらに塗っていけば、効果が持続しますよ。

塩化アルミニウム液には根本的に制汗剤に近い作用なので、塗り忘れたら、汗が復活してしまいますので継続して下さいね。

nori
nori

私の場合は多少手が荒れました…!乾燥してパサパサになる感じでしたね。もともと皮膚の弱い方は注意が必要かも。

お肌が弱い方の場合は、使用前にパッチテストをおすすめします。

やり方は簡単です!

①手のひらの一部分だけに塩化アルミニウム液を塗る
②塩化アルミニウム液を塗った部分にセロハンテープを貼る
③2時間ほどそのまま放置
④セロハンテープをはがして、痒みやかぶれが起こっていないか確認。

パッチテストとして行うのはこれだけです。

手のひらだとセロハンテープがくっつかない、すぐにはがれてしまうので、腕でテストしても大丈夫です。

手汗止めに塩化アルミニウム液を使って起こる副作用!?

塩化アルミニウム液を手汗対策に使うと、痒み(かゆみ)や、かぶれなどの副作用が起こる可能性があります。

しかし、その炎症から別の病気、特に手汗の多い人は汗疱状湿疹(かんぽうじょうしっしん)という、水ぶくれが破けたような症状の病気を発症することもあります。

少し荒れるぐらいなら大丈夫かな?って言って安易に考えないで、まずはパッチテストをして、肌荒れが起こらないか判断してから、正しい方法で塩化アルミニウム液を使いましょう。

手汗止めに塩化アルミニウム液が効かない場合は・・・

多汗症の方を含め、塩化アルミニウム液が効かない方は次のうちのどれかに当てはまることが多いです。

・手汗レベル3(重度の手掌多汗症)
・塩化アルミニウム液が古くなって劣化している
・そもそも塩化アルミニウム液が効きにくい体質
・塩化アルミニウム液に慣れてしまって効かなくなってきてる
・塩化アルミニウム液の使い方が間違っている
・持続時間の勘違い(1日?長くても2日程度)

多汗症の原因は、汗の分泌に関わる交感神経の異常からおきますので、塗り薬では一時的に汗を止めることができても根本的な治療にはなりません。

軽度の多汗症なら、塩化アルミニウム液を塗り続けることで汗を抑えることはできます。
塩化アルミニウム液が効かなかったり、肌荒れがひどくて塩化アルミニウム液を使えないから手汗対策がてきないかというと、そんなことは全くありません。

塩化アルミニウム液が含まれていなくても手汗対策に使える商品はたくさんありますので、諦めないで下さいね。

あなたも手汗の悩みで苦しんでいるんでしょうか?

手汗で悩み以前の私はこんな症状でした。

・季節を問わず、手汗が酷く机などに少し手を置いただけで手形がついてしまうほどでした。

・学生の頃プリントを持っても、持ったところだけ湿ってしまい回した後ろの人がそのせいで破れやすくなっているのではないか?と考えてばっかりでした。

・少しでも緊張すると、すぐに大量の手汗が出てきて紙が濡れて破れたり、汗でシミができたり、ノートやファイルなど掴んだ後に汗の水滴がついていたのを見てすごく恥ずかしかったです。

・どんな時でも片手にハンカチが手放せませんでした。

・手汗の事を話せる友達としか仲良くできませんでした。初対面では、極度の緊張の為、また、汗が・・!と握手をしたりすることを避けていましたね。

・仕事などでマウスやキーボード、スマホを使っているとすぐに手汗をかいてベトベトになった。

・デートの時とかいいムードになっても手をつなぎたいが、手汗がひどいとやっぱり嫌われてしまうのが怖くて・・・できませんでした(泣)



↓↓

手汗で悩んでいるあなたを応援します。私はこれで解消しました!

コメント