手汗止める方法お風呂でリラックスして汗腺機能を鍛えましょう!

手汗対策

手汗を止める方法が入浴にもあるって知ってました?

普段から多く手汗をかいて気になってしまう方!お風呂で汗腺機能を鍛えましょう。
手汗、多汗症の原因である交感神経と副交感神経のバランスの乱れを入浴で元に戻すことができます。

多量に汗を多くかく方は自分の意思とは反対に汗を抑えたいと思えば思うほど余計に汗をかいてしまいます。

緊張や不安、ストレスなどが原因の場合は交感神経が優位になって汗をかきやすくなっている状態なんですね。そんな人にはまずはお風呂でリラックスというのは1つのキーポイント。

多汗症が解消されるわけではありませんが、いつもの入浴の方法を変えて汗腺や自律神経を鍛えて自然な汗をかく身体作りになったり、汗の臭いを抑えたりできますので実践して見て下さい。

スポンサーリンク

手汗を止めるお風呂の入浴方法!

高温浴

お湯の温度は43度前後と少し熱めにするのがポイントです、湯船の3分の1から半分くらいためます。両手はひじから下を熱めのお湯につけて10分~20分程度温める。湯船に椅子を入れて座り、前かがみになるとやりやすいですよ。

しばらくして全身から大量の汗が出てきたら終了です。皮膚の弱い人は、お湯の温度を41~42℃にして、やけどしないように注意してください。

半身微温浴

高温浴がすんだら、湯船に水かぬるま湯を足して温度を36℃程度にして、ふたたび10~15分ほどつかります。高温のお湯で高まった交感神経を静め、リラックスするための入浴です。

風呂から上がったら、十分に水分を拭きとります。自然に汗が蒸発するまで乾かして下さい。汗腺の機能を高め、汗を出やすくするための時間だと考えましょう。

手汗を止めるお風呂入浴方法のポイント!

汗腺機能の向上には、全身浴よりも手だけを温める「温熱刺激」がいちばんです。手には、普段あまり機能していない「休眠汗腺」が多数あるので、手浴はこれを目覚めさせることにつながります。

ものすごく簡単ですよね。もちろん、1回、2回やったからってすぐに止まるわけではありません。あくまで汗腺を鍛える方法なので継続することが大事です。

手汗を抑えるのに即効性のある制汗剤を日中使いながら、夜は半身浴を行うことで効果は断然にあがります。根本的な対処法は手汗を止めて予防することですね。

酢を入れるとより効果的です。酢には発汗を促し、汗腺機能の回復を手助けしてくれる作用があります。湯船にお猪口2、3杯の酢を入れるといいですよ

 

あなたも手汗の悩みで苦しんでいるんでしょうか?

手汗で悩み以前の私はこんな症状でした。

・季節を問わず、手汗が酷く机などに少し手を置いただけで手形がついてしまうほどでした。

・学生の頃プリントを持っても、持ったところだけ湿ってしまい回した後ろの人がそのせいで破れやすくなっているのではないか?と考えてばっかりでした。

・少しでも緊張すると、すぐに大量の手汗が出てきて紙が濡れて破れたり、汗でシミができたり、ノートやファイルなど掴んだ後に汗の水滴がついていたのを見てすごく恥ずかしかったです。

・どんな時でも片手にハンカチが手放せませんでした。

・手汗の事を話せる友達としか仲良くできませんでした。初対面では、極度の緊張の為、また、汗が・・!と握手をしたりすることを避けていましたね。

・仕事などでマウスやキーボード、スマホを使っているとすぐに手汗をかいてベトベトになった。

・デートの時とかいいムードになっても手をつなぎたいが、手汗がひどいとやっぱり嫌われてしまうのが怖くて・・・できませんでした(泣)



↓↓

手汗で悩んでいるあなたを応援します。私はこれで解消しました!

コメント