手のひら汗腺が詰まると皮膚に炎症が起きる原因と治療法・予防法

手汗対策

汗をかき過ぎて汗腺が詰まると、皮膚にさまざまな炎症が起きると言われてます。

ひとつには、汗が通る汗腺が詰まる事によって起きる汗疹(あせも)なんかそうですね。
その他には、手のひらや足裏の水ぶくれができたり、皮がむけたりする症状のある、汗疱(かんぽう)、異汗性湿疹(いかんせいしっしん)と言われる疾患もあります。こちらも汗腺の詰まりが原因であると言われています。

どちらにも言える事なんだけど、最も大切なのは汗をかきすぎない事です。

こちらでは、汗疹(あせも)について原因・治療・予防などを書いて行こうと思います。
汗疹(あせも)正式名は汗疹(かんしん)と言うんですね。

nori
nori

↑知らんかった・・

汗疱(かんぽう)、異汗性湿疹(いかんせいしっしん)については、手のひらにできる水疱の原因・症状・慢性湿疹の改善方法などを参考にして下さい。

 

スポンサーリンク

手のひらの汗腺の詰まりで汗疹(あせも)になる原因

汗は皮膚の中にある汗腺で作られ、汗管を通って皮膚の表面に分泌されます。汗をかくと言う事は、身体の熱を奪い冷やす働きをします。体の温度調整をしているんです。

しかし、汗をかき過ぎて汗管が詰まると、皮膚に炎症が起きやすくなります。症状によって違いますが、その代表的なものが汗疹(あせも)です。

汗疹は汗管が詰まることで起きます、生成された汗が正常に分泌されず、皮下に溜まることが原因となって発症するんです。

高温多湿の環境で、汗をかいて放置する事や異常に大量の汗をかく状態が続く場合に適切なケアを滞ると、詰まりの原因になります。汗の量だけでなく、たまたま肌に付着していた汚れや細菌、日焼け部分などが汗と混ざり合い、複雑な化学変化を起こすことが原因となる場合がほとんどです。

よく発症しやすい場所は、肘の内側や膝の後ろや、首など、汗がたまりやすい場所です。肥満でたるみがあり、汗の出口が塞がれてしまうような場所でも汗疹は起きやすくなります。

また、身体の一部を汗のかきやすい状態にしてしまうと、(ギブス・包帯・サポーターなど)その部分が汗をかきやすくなり汗疹になりやすくなります。

正しく通らなければいけない汗管が詰まることによって、汗の分泌が障害され、汗の成分が汗管周囲の組織に染み出して汗疹が起こります。

手のひらの汗腺が詰まる汗疹(あせも)の治療法

汗疹ならノンステロイドの「あせもクリーム」を使うといいでしょう。
かゆみが酷かったり炎症が強いのならステロイド配合のほうがオススメです。

ステロイドには強さに段階があって、強い物は副作用などあるので医師の処方が必要ですが、市販のものはステロイドもさほど強くないので、普通に使用するくらいなら大丈夫ですよ。

ベビーパウダーが良いという話もありますが、汗を吸収するので汗疹の予防にはなりますが、毛穴をふさぐのであまり使わない方が良いという話もあります。

手のひら汗腺が詰まる汗疹(あせも)の予防法

最も大切なのは汗をかきすぎないことです。その汗をかく原因を取り除くことですね。

環境に応じて汗をかかない服装にするようにして、暑いときには、エアコンなどを使用して適度な涼しい環境を作って過ごすようにして下さい。

汗をかいてそのままの放置するのは止めましょう。汗に含まれるミネラルの成分が皮膚に残り、汗腺の詰まりが起きやすくなります。出来るならば洗い流して清潔な状態にしましょう。

外出先などでは、水で湿らせたタオルやハンカチで、汗をかいた部分を拭き取るだけでも効果があります。

とにかく予防するためには、こまめに汗を拭きとることはもちろん、室内では温度調節をして高温多湿を避けたり、汗をかいたら着替えたりすることが大切です。

それから、洗いっぱなしでケアをしないと皮膚は乾燥し、バリア機能が低下するため汗荒れを起こしやすくなります。洗った後などは適度な保湿を心がけ、クリームやローションなどを塗りましょう。

手のひら汗腺!もう悩まない手汗対策の心得

まずは、ここから始めて見ましょう!

ストレスや緊張、不安を感じると、交換神経が過敏な状態が続くと、汗腺の働きを活発にして、汗疹がてきてしまうほど手・足に汗をかいてしまうこともあるけど。。。

一日中気にしていると、ストレスでの悪循環になってしまいます。

nori
nori

まずは、汗をかく事はいたって普通と気軽に考え、汗をかいたら拭けば良いくらいの気持ちで気にしないことも大切です。^^

そして、特に冬などは、気圧、温度差でただでさえ交換神経が活発になるから、副交感神経とのバランスを保つためには、ゆっくり入浴、ぐっすり睡眠で、リラックスを心がけましょうね。

手汗や足汗の根本的な原因でもある、自立神経の乱れは生活リズムを整えることで落ち着つきます。

自分の意志でコントロールすることができない汗。自分の気持ちを前向きにできるように、不安なことは受け流して行きましょう!

生活のリズムを整えてストレスにもオンとオフを作りましょう!

あなたも手汗の悩みで苦しんでいるんでしょうか?

手汗で悩み以前の私はこんな症状でした。

・季節を問わず、手汗が酷く机などに少し手を置いただけで手形がついてしまうほどでした。

・学生の頃プリントを持っても、持ったところだけ湿ってしまい回した後ろの人がそのせいで破れやすくなっているのではないか?と考えてばっかりでした。

・少しでも緊張すると、すぐに大量の手汗が出てきて紙が濡れて破れたり、汗でシミができたり、ノートやファイルなど掴んだ後に汗の水滴がついていたのを見てすごく恥ずかしかったです。

・どんな時でも片手にハンカチが手放せませんでした。

・手汗の事を話せる友達としか仲良くできませんでした。初対面では、極度の緊張の為、また、汗が・・!と握手をしたりすることを避けていましたね。

・仕事などでマウスやキーボード、スマホを使っているとすぐに手汗をかいてベトベトになった。

・デートの時とかいいムードになっても手をつなぎたいが、手汗がひどいとやっぱり嫌われてしまうのが怖くて・・・できませんでした(泣)



↓↓

手汗で悩んでいるあなたを応援します。私はこれで解消しました!

コメント