手汗もひどい全身にも汗をかく場合は甲状腺機能亢進症バセドウ病?!

汗いろいろ

手汗だけではなく全身に多くの汗をかくようでしたら、甲状腺機能亢進症(バセドウ病)・褐色細胞腫・更年期障害の病気を疑ってみましょう!!

この症状は、汗っかき、多汗症だからと言ってほっとかないで下さいね!手だけではなく全身に多くの汗をかくようであれば、何かしらの病気のお知らせです。

甲状腺機能亢進症(バセドウ病)などの病気が原因である場合は、手のひらも全身にを含めて、あるとき急に汗の量が増えます。
また、普段の生活の中でストレスや過労が原因で自律神経失調症になり、身体のほてりや微熱によって汗をかきやすくなることがあります。

手汗がひどいと感じたら、手のひらだけなのか、それとも全身なのかをチェックして下さい。症状を良く観察して続発性多汗症にならないように適切な治療が必要になります。

スポンサーリンク

手汗もひどいが全身にも汗をかくバセドウ病とは・・

バセドウ病とは、血液中の甲状腺ホルモンが過剰に分泌される病気で、20~30代の若い女性に多くみられますが、一方で小児から高齢者、男性も発症する病気です。

甲状腺ホルモンが過剰に分泌されることで、自律神経のなかでも、激しい活動を行っている時に活発になる「交感神経」の働きが異常に活性化されることにより、多量の汗をかく、疲れやすい、動悸がする、手が震える、暑さに弱い、しっかり食べているのに体重が減少する、などの症状があらわれます。そのほか、バセドウ病では、眼球が出てきたり(眼球突出)、まぶたが釣り上がったり(眼瞼後退)することもあります。

注意してほしいのは、血液中の甲状腺ホルモンが過剰に分泌される病気は、バセドウ病のほかにもあるということです。甲状腺ホルモンが過剰に分泌されていれば、バセドウ病を発症しているというわけではありません。

また、バセドウ病はその症状から、心臓病や更年期障害といった、ほかの病気と間違われることがあります。

手汗もひどいが全身にも汗をかくバセドウ病の原因

バセドウ病の原因ですが、甲状腺ホルモンの過剰な分泌する病気について・・・

バセドウ病は、本来ならば自分の体を守るための免疫が、自分の甲状腺に反応して起こる病気(臓器特異的自己免疫疾患)です。

自分の甲状腺に免疫反応を起こした結果、甲状腺細胞の表面にある「TSH受容体」に対する抗体(TSH受容体抗体)ができて、それが甲状腺を刺激するために、甲状腺ホルモンが過剰に分泌されるのです。

バセドウ病の症状のひとつに、眼球が出てくる(眼球突出)というものがありますが、眼にも上記と同様の免疫反応を起こして、眼の後ろの脂肪組織が増加したり、眼を動かす筋肉が肥大したりします。その結果、眼球突出や眼瞼後退になったり、物が二つに見えたり(複視)するようになるのです。

では!なぜ、自分の体を守るはずの免疫が、自分の甲状腺に対して反応するようになるのでしょうかと言う所ですが。それは、そのような反応を起こしやすい「体質」を持っているからです。

体質は遺伝子で決められるものですから、バセドウ病は遺伝する病気といえます。ただし、免疫が甲状腺に反応しやすい体質を持っているからといって、必ずしもバセドウ病を発症するとは限りません。

持っている体質に、ストレスのようなものが影響して発症すると考えられています。たとえば、仕事が忙しすぎる、人間関係に悩んでいる、子供の受験が心配、結婚や出産を控えている、といった身近なストレスの影響もあるようです。

手汗もひどいが全身にも汗をかくバセドウ病のチェックシート

手汗にもひどいが全身も汗をかくバセドウ病チェック!

□汗を多量にかく

□疲れやすい

□動悸がする

□手が震える

□暑さに弱い

□しっかり食べているのに体重が減少する(太らない)

□眼球が出てきた

□まぶたが釣り上がっているようだ

□甲状腺が腫れているようだ

□10血液検査で「コレステロールが低い」あるいは「ALPが高い」などの指摘を受けた

上記のうち、当てはまる項目が多いほどバセドウ病の可能性があります。

甲状腺は、人体にとって不可欠な臓器の1つです。手汗も全身の汗もひどい、他にも、胸がどきどきする、呼吸が苦しい、咳が出るなどの気になる症状があった場合は、かかりつけの先生に相談するか、内分泌の専門科を受診して、適切な治療をするようにしましょう!

多汗症で密かに悩んでいる方は意外にいると思います。手汗がひどいだけでは済まされない思わぬ病気が隠れていることもありますので注意して下さい。

病気がないならないで有効な手汗治療方法がいくつもあります。汗をかいて焦ると余計に発汗してしまい、悪循環になりますので注意して下さいね。

あなたも手汗の悩みで苦しんでいるんでしょうか?

手汗で悩み以前の私はこんな症状でした。

・季節を問わず、手汗が酷く机などに少し手を置いただけで手形がついてしまうほどでした。

・学生の頃プリントを持っても、持ったところだけ湿ってしまい回した後ろの人がそのせいで破れやすくなっているのではないか?と考えてばっかりでした。

・少しでも緊張すると、すぐに大量の手汗が出てきて紙が濡れて破れたり、汗でシミができたり、ノートやファイルなど掴んだ後に汗の水滴がついていたのを見てすごく恥ずかしかったです。

・どんな時でも片手にハンカチが手放せませんでした。

・手汗の事を話せる友達としか仲良くできませんでした。初対面では、極度の緊張の為、また、汗が・・!と握手をしたりすることを避けていましたね。

・仕事などでマウスやキーボード、スマホを使っているとすぐに手汗をかいてベトベトになった。

・デートの時とかいいムードになっても手をつなぎたいが、手汗がひどいとやっぱり嫌われてしまうのが怖くて・・・できませんでした(泣)



↓↓

手汗で悩んでいるあなたを応援します。私はこれで解消しました!

コメント