手汗を治す方法、病院で行われている治療方法を知っていますか?

手汗対策

手汗を治す方法に病院の治療法を選んでよかった!と喜びの声がネットには沢山あります。では、どの程度の症状だと治療が必要なのか?どういった治療法があるのかを調べてみました。

スポンサーリンク

手汗がひどい・・どの程度だと病院で治療するしたほうがいい?

手汗以外は普通なんだけど・・・手だけは沢山の汗をかくって気になりますよね。うっすらと湿っている程度ならば問題無いのですが手で持ったものが濡れてしまったり、集中していたらしっとりと垂れてきたりしてハンカチが手放せないし、普段の生活やお仕事でも支障をきたしてしまいますよね。

何かに触れるたびに、大丈夫かなーって心配するし、何をするにも消極的になり、精神的にも負担が大きいです。

nori
nori

↑経験者じゃないとこの辛さ理解してもらえない(泣)

ハンカチで手汗をふきとってもすぐまた汗が出てしまうという方、おそらく、それは手掌多汗症(しゅしょうたかんしょう)いう病気だと思います。

日本人の200人に1人の割合で発症すると言われていて、症状は気温や精神状態などによっても異なりますが、大きく分けてこの3段階になります。

手汗のレベル
・レベル1 手がしっとりと湿っている。触ると汗ばんでいることがわかる。
・レベル2 手に水滴ができる。見ただけで汗をかいていることがわかる。
・レベル3 手から水滴がしたたり落ちる。

もしあなたの状態がレベル2や3に状態ならば、一度医師にご相談して見ると良いでしょう。
もし、手だけでなく全身に多くの汗をかくようであれば、「甲状腺機能亢進症(バセドウ病)」「褐色細胞腫」「更年期障害」などの病気にかかっているかもしれません。

3つのレベルによる手汗の症状でしたが、実際に治療をするかどうかは、本人の悩みの原因と度合いで変わってくると思いますね。

私も、この手のひらの多汗症で悩み、日常生活をする上で、いろいろと支障をきたし、握手もできない、いつも緊張、不安でストレスや感じると交換神経が過敏な状態になり、異常に手汗をかいてしまうこと状況でした。

nori
nori

しかし、私は病院の治療を選びませんでした。←(不安だらけだったから・・)

でも、今は以前の苦しい生活から抜けだして幸せを感じております。

まずは、自分でできる対策を試してみてください。少しでも改善できれば心もすっと軽くなりますし、日常生活もスムーズになるでしょう。手汗を気にしなくなることでストレスによる悪循環も断ち切ることができます。^^

ひどい手汗の悩みに向き合って、何か改善・解消する方法は無いのかを追求していけば、あなたなりの解決方法が必ず見つかると思います。

手汗を治す方法に病院でどんな治療法があるのでしょうか

治療は大きく2つ分けられます、症状を一時的に抑えるものと、根本的に治すものに。

治療方法、イオントフォレーシス

だいたい最初に医者から勧められるのがイオントフォレーシスです。弱い電流の通っている水に手を20分ほど浸すことで汗腺の働きを弱めるという療法です。

汗の生成が抑えられ約80%の人に効果があると言われます。

妊婦、ペースメーカーを装着している人など、イオントフォレーシスの治療を受けられない人もいます。

治療方法、塩化アルミニウム液

市販の制汗剤にも用いられている「塩化アルミニウム」を20%程度に薄めて皮膚に塗ると、一時的に汗腺をふさぎ汗を出にくくすることができます。
塩化アルミニウムの液の単純な外用は、手足にはなかなか効果が出にくいようですので、その場合は、密封療法をすることで、有効性が増します。

汗腺をふさぐことで汗を抑える方法なので、長期間使用することは望ましくありません。

治療方法、ポツリヌス注射

ボツリヌス菌の毒素を抽出したものを「ボトックス」と呼びます。
無害化したボツリヌス菌を手のひらに注射することで、大量の汗を抑える効果があります。
ボトックス注射は美容外科の範疇でしたが、保険は適用ではなかったのですが、多汗の症状によっては保険が適用できるようになりました。

一度受ければ数日のうちに効果が現れ、約半年ほど持続しするようです。

程度にもよるので、お医者様に一度相談してみるとよいでしょう。

治療方法、多汗症の治療薬や漢方薬

一時的に発汗を止める処方薬「プロバンサイン」を用いることも。ですが全身に作用するため、便秘や脈拍の増加など様々な副作用があるほか、熱を発散することができないため熱がこもりがちになるとも考えられます。

また、精神的なものや肥満によるものなど、手汗の原因に合わせて服用できる漢方薬も市販されています。薬局で相談してみましょう。

治療方法、胸腔鏡下交感神経節遮断術(ETS)

最近注目されている治療法が、内視鏡手術です。脇を切開し、内視鏡を用いて胸部にある交感神経を切断するという手術です。ほぼ完全に汗を止めます。キズ後も目立たないし痛みなどもほとんどありません。

保険が適用されることなど多くのメリットがありますが、副作用の面で手術後は、「代償性発汗」と呼ばれる別の箇所から汗が増えるといいます

また反対に手のひらだけでなく脇の下や首の汗が少なくなる場合も多く、手のひらはカサカサになって保湿剤が必須という人もいます。

他の場所での発汗が増えるなどの副作用も報告されているので、専門家に相談して判断しましょう。

あなたも手汗の悩みで苦しんでいるんでしょうか?

手汗で悩み以前の私はこんな症状でした。

・季節を問わず、手汗が酷く机などに少し手を置いただけで手形がついてしまうほどでした。

・学生の頃プリントを持っても、持ったところだけ湿ってしまい回した後ろの人がそのせいで破れやすくなっているのではないか?と考えてばっかりでした。

・少しでも緊張すると、すぐに大量の手汗が出てきて紙が濡れて破れたり、汗でシミができたり、ノートやファイルなど掴んだ後に汗の水滴がついていたのを見てすごく恥ずかしかったです。

・どんな時でも片手にハンカチが手放せませんでした。

・手汗の事を話せる友達としか仲良くできませんでした。初対面では、極度の緊張の為、また、汗が・・!と握手をしたりすることを避けていましたね。

・仕事などでマウスやキーボード、スマホを使っているとすぐに手汗をかいてベトベトになった。

・デートの時とかいいムードになっても手をつなぎたいが、手汗がひどいとやっぱり嫌われてしまうのが怖くて・・・できませんでした(泣)



↓↓

手汗で悩んでいるあなたを応援します。私はこれで解消しました!

コメント